TOP >  店舗案内 >  メイプルホールトップ > ライブ・イベント

【ライブ・イベント スケジュール】

10月24日(水) 【山下洋輔ニューヨーク・トリオ】

山下洋輔(Pf)、 セシル・マクビー(b)、 フェローン・アクラフ(ds)

OPEN/18:30 START/19:00 全席自由
前売 ¥6,500/当日 ¥7,000

2018年8月1日午前11時よりメイプルホールにて予約受付開始
メールまたは電話 042-751-5011
・チケット代お支払い方法は、直接ご来館頂きお支払頂くか「横浜銀行」へのお振込みとなります。
・ご購入後のチケットのキャンセル・払戻しは受付けておりませんので、ご了承の上ご購入ください。
・お申し込み後10日以内にお支払いが無い場合はご予約は無効となります。
・チケット販売所営業時間:火曜〜日曜10:00〜18:00(月曜定休)
お振込み先(クリック)

※チケット番号が入場整理番号となっております。


【山下洋輔(Pf)】

yamashita

Yosuke Yamashita
1969年、山下洋輔トリオを結成、フリー・フォームのエネルギッシュな演奏でジャズ界に大きな衝撃を与える。国内外のジャズ・アーティストとはもとより、和太鼓やシンフォニー・オーケストラとの共演など活動の幅を広げる。88年、山下洋輔ニューヨーク・トリオを結成。国内のみならず世界各国で演奏活動を展開する。2000年に発表した自作協奏曲を佐渡裕の指揮により04年にイタリア・トリノで再演。06年オーネット・コールマンと、07年にはセシル・テイラーと共演。08年「ピアノ協奏曲第3番<エクスプローラー>」を発表。09年、一柳慧作曲「ピアノ協奏曲第4番 "JAZZ"」を世界初演。歴代メンバー総出演の「山下洋輔トリオ結成40周年記念コンサート」を開く。16年、ウィーン楽友協会ホールで佐渡裕指揮のトーンキュンストラー管弦楽団と共演し、大成功を収める。18年6月には、結成30周年を迎えるニューヨーク・トリオの記念アルバム『30光年の浮遊』をリリース。 99年芸術選奨文部大臣賞、03年紫綬褒章、12年旭日小綬章を受章。国立音楽大学招聘教授。演奏活動のかたわら、多数の著書を持つエッセイストとしても知られる。
 
公式ホームページ http://www.jamrice.co.jp/yosuke/
PHOTO: AKIHIKO SONODA


【セシル・マクビー(b)】

mcbee

セシル・マクビー (Cecil McBee) bass
1935年、オクラホマ州タルサ生まれ。大学在学中に ジャズベースを始め、卒業後ポール・ウィンターのグ ループに参加。64年ニューヨークに進出して以降、 ジャッキー・マクリーン、ウェイン・ショーター、チャール ス・ロイド等のグループに加わり脚光を浴びる。その 後もアリス・コルトレーン、サム・リバース、ファラオ・サ ンダース、チコ・フリーマン、ダラー・ブランド、ジョア ン・ブラッキーン等と共演。堅実で重厚なベースワー クにより、ウッドベースの第一人者の地位を確保す る。山下洋輔とは、88年ニューヨーク・トリオ結成時に 出会う。97年、アルバム『アンスポークン』をリリース、 三度にわたりヨーロッパ・ツアーを成功させる。演奏 活動のかたわら、ボストンのニューイングランド・コン サバトリーで後進の指導にもあたっている。近年は、 人気ベテラン・ミュージシャンが結集した「サックス・ サミット」、「クッカーズ」などでも活躍中。


【フェローン・アクラフ(ds)】

aklaff

フェローン・アクラフ (Pheeroan akLaff) drums
1955年、デトロイト生まれ。ラシッド・アリと出会い大き な影響を受ける。レオ・スミスとの共演により国際的な 舞台で活動することになる。アンソニー・デイビス、オリ バー・レイク、ジェイ・ホガード、ヘンリー・スレッギル、マ イケル・グレゴリー・ジャクソン、ソニー・シャーロック、 ジェリ・アレン等との共演を通して、ドラマーとしてだけ でなくコンポーザー、ボーカリスト、プロデューサーとし ての才能をも開花させる。山下洋輔とは88年の ニューヨーク・トリオ結成時から現在まで、緊密なコラ ボレーションを続けている。自身のプロジェクトでも、 ほぼ毎年来日し各地でライブを行なっている。近年は コネチカット州のウェズリアン大学で教鞭をとるかた わら、オペラや演劇の音楽を担当するなど多彩な活 動を展開している。2010年ドラムソロ・アルバム 『Drumset Variations』、13年には『Dear Freedom Suite/Live in Japan』をリリースした。



ページTOPへ

GREEN & MAPLE SOUND CONNECTION Vol.9

10月27日(土) 【因幡 晃 アコースティックコンサート2018】


このライブは相模女子大学グリーンホール(相模原市文化会館)多目的ホール
で開催されます

出演:因幡 晃

OPEN/15:30 START/16:00 全席指定
前売 一般¥6,000(税込)

2018年6月29日より一般発売受付開始

メイプルホールでご購入
メールまたは電話 042-751-5011
・チケット代お支払い方法は、直接ご来館頂きお支払頂くか「横浜銀行」へのお振込みとなります。
・ご購入後のチケットのキャンセル・払戻しは受付けておりませんので、ご了承の上ご購入ください。
・お申し込み後10日以内にお支払いが無い場合はご予約は無効となります。
・チケット販売所営業時間:火曜〜日曜10:00〜18:00(月曜定休)
お振込み先(クリック)


メイプルホール以外でのチケット販売
お問合せ:
チケットMove:042-742-9999 チケットムーヴ.net (http://move-ticket.pia.jp)
チケットぴあ:0570-02-9999(Pコード:306-761) http://t.pia.jp/
ローソンチケット: 0570-084-003(Lコード : 72648) http://l-tike.com/
CNプレイガイド: 0570-08-9999 http://www.cnplayguide.com/
イープラス: パソコンまたは携帯電話 →http://eplus.jp
     
チケット販売所:
・メイプルホール
・相模女子大学グリーンホールチケットカウンター
・杜のホールはしもとチケットカウンター
・相模原市民会館チケットカウンター

主催:潟ーヴィン(メイプルホール) 
共催:公益財団法人相模原市民文化財団 
企画制作:キャピタルヴィレッジ

【因幡晃】

minami

因幡 晃(Inaba Akira)
高校卒業後、地元秋田県大館市の鉱山に就職。 ある日、仕事中の鼻歌からひとかけらのメロディと言葉が生まれた。 頭から離れないこのメロディと言葉が融け合って『わかって下さい』が完成する。 アマチュアでの音楽活動もない因幡にとって、初めてのオリジナル作品となったこの「わかって下さい」で、1975 年 第10回ヤマハ・ポピュラーソングコンテストに出場し、最優秀曲賞を受賞。第6回世界歌謡祭で入賞を果たす。 叙情的な、独特の世界観をもつ楽曲と、その楽曲をデビュー当時から変わらない声で歌い上げる歌唱力はまさに圧巻。 2015 年デビュー40周年目を迎え、9月23日、40周年記念アルバム「ことづて」を発売。 2016年3月の40周年ツアーファイナルに向け、全国でライブ活動を中心に活動中。 また、2014年より杉田二郎、堀内孝雄、ばんばひろふみ、高山厳と共にスーパーユニット「ブラザーズ5」を結成。ソロ活動の傍ら、ブラザーズ5のコンサートも行い、活動の場を広げている。


ページTOPへ

10月30日(火)【小山内 清弦 コンサート 〜津軽人のひとりぐだめぎ〜】

出演:小山内清弦(三味線) 特別ゲスト:澤田勝秋(三味線)
OPEN/13:30 START/14:00
全席自由 チケット¥2,000
問い合わせ先:おさないプランニング小山内 070-6659-4194




ページTOPへ

11月10日(土)
【『お気楽ギグ』野呂一生&天野清継 アコースティックギター・デュオ】

出演
野呂一生
天野清継

OPEN/16:30 START/17:00 全席自由 1ドリンク付
前売 ¥4,500/当日 ¥5,000

2018年9月5日午前11時よりメイプルホールにて予約受付開始
メールまたは電話 042-751-5011
・チケット代お支払い方法は、直接ご来館頂きお支払頂くか「横浜銀行」へのお振込みとなります。
・ご購入後のチケットのキャンセル・払戻しは受付けておりませんので、ご了承の上ご購入ください。
・お申し込み後10日以内にお支払いが無い場合はご予約は無効となります。
・チケット販売所営業時間:火曜〜日曜10:00〜18:00(月曜定休)
お振込み先(クリック)

※チケット番号が入場整理番号となっております。


okiraku

【野呂一生】

 カシオペアのリーダーであり、メインコンポーザー。カシオペアの大半の曲を作曲し、「ASAYAKE」「LOOKING UP」「TOKIMEKI」「FIGHT MAN」など音楽史に残る名曲を生み出している。劇昴的で力強く、あるいは流れるような涼美的に溢れるメロディラインとスリリングなリズムアレンジでリスナーを魅了する。これまでに5枚のソロアルバムを発表しており、それぞれのアルバムには野呂のアイデアが盛り込まれている。'85年『SWEET SPHERE』(LAレコーディング)、'89年『VIDA』(ブラジルレコーディング)、 '96年3月にはCD−EXTRAでの「『TOP SECRET』においては、EXTRA部分に、自作のイラストや映像などを盛り込み、日本初の作品となった。フレットレスギターをフィーチャーしたソロアルバムを2001年『UNDER THE SKY』、2002年『LIGHT UP』と発表した。その発売記念ライブでは新たに開発したフレットレスとフレッテッドのWネックギターで、華麗かつ巧みなプレイを披露し観客を歓喜させた。このライブは「LIVE ISSEI」シリーズとして今年までに5回のライブを行うほどのファン待望のライブとなった。2003年には5作のソロアルバムから野呂自身が選曲・監修したベストアルバム『BEST ISSEI』がリリースされ、野呂サウンドの魅力が詰め込まれた聴き応えある1作として評価を得た。  2008年2月に神保彰(Dr)、扇谷研人(pf)、箭島裕治(B)、林良(Key)、と共に“ISSEI NORO INSPIRITS”を結成、結成10周年を迎えた2017年の最新作は「TURNING」を2017年7月に発売、ファン待望の1作だ。こちらは還暦を迎えた野呂が赤い鳥をイメージして作り上げた1作。ジャケットの直筆のイラストが印象的だ。  2008年秋から天野清継とのアコースティック・ギター・デュオ“お気楽ギグ”をスタートさせ、2012年にはカバー曲を中心としたアルバム『昭和ニッポン』でデビュー、2013年には2ndアルバム『昭和・ニッポンU』も発売、その美しいアンサンブルにファンは魅了されている。  震災で苦しむ人を元気づけたいとのことで、2012年4月に6年間活動を休止していたCASIOPEAの再始動を発表、キーボードに大清美を起用し、“CASIOPEA 3rd”てして活動を再開、待ちわびたファンを喜ばせた。2015に2ndアルバム『A・SO・BO』を発売、ジャンルチャートの軒並み一位を獲得している。こちらはCASIOPEA 3rdでは初のアナログ盤も発売した…音にこだわる野呂たっての希望だ。2016年には、3rdアルバム『I・BU・KI』発売、奇抜なイラストに話題を集めた、楽曲のほうもCASIOPEA 3rd一番の完成度とファンの間では評判に。制作するごとに期待の上をいく大作を生み出している。  2016年9月、久しぶりの譜面集『ギタースコア 野呂一生 Best Selection』を発売、続いて12月には還暦を記念して書いた『私時代 WATAKUSHI-JIDAI』を発売。生まれてから今までの野呂の全てを網羅した著作となっている。  これからも音楽的な様々なジャンルを大きく包み込む幅広い才能で、他のアーティストのプロデュース、楽曲の提供、スタジオワークと積極的に取り組んでいこうとしている。  東京音楽大学、客員教授を務め、後輩の育成にも長年取り組んでいる。


【天野清継】

東京都出身。3歳でピアノ、11歳でギターを始める。大学在学中に神崎オンザロードでデビュー。 渡辺貞夫グループの全国ツアーに参加したのをきっかけに本格的にプロ活動を開始。その後、自己のグループHip Pocketsなどで活動する傍ら、矢沢永吉、アンリ菅野,中本マリ,阿川泰子、益田幹夫,他のライヴやレコーディングに参加する。 1988年、渡米。Music Institute "GIT"のsummer sessionを経て、カリフォルニア州San Fernando ValleyにあるGrove School of Music作編曲科を卒業。 並行して、グループ"Book of Colors"やBernard IghnerのサポートメンバーとしてMichael White(Dr),Ricky Minor(bs),Smitty Smith(bs),Wayne Linsey(pf),Michael Paulo(sax)などのミュージシャンと共に西海岸のライヴ・ハウス等で定期的に演奏活動を行う。 帰国後、 1991年「AZURE」をリリース。(JTピース・ライトボックスのCFタイアップ曲含)Los AngelesにてAlex Acuna,Don Grusin, Gary Herbicとレコーディングを行い、日本でもこのメンバーを加えてツアーを行う。 1992年「Branche」ではストリングスアレンジを披露。フランスのパリにて録音もする。 1993年 国府弘子とのユニットで「Heaven」をリリース。 1995年「Heaven and beyond」 をリリース。(special guest:New York Voices、Gil Goldstein) 1996年「Yuman's Dance」 をリリース。 2000年10月「Book Of Colors」 をリリース。 2003年9月「Navajo Trail』をリリース。 2004年9月「Silent Jazz Trio」をリリース。 2006年6月「Four Corners」をリリース。 2007年9月『In the air』をリリース。 2012年には野呂一生とのユニット”お気楽ギグ”でアルバム『昭和ニッポン』をリリース。 2013年9月『September Steps』(弦楽カルテット)をリリース。 2013年12月『お気楽ギグ昭和ニッポンVol2』をリリース。




ページTOPへ

11月17日(土) 松本律子マリンバsoloリサイタル2018 【マコトのハナをシル 種→芽→花→果実】

開場13:30 開演14:00
料金:前売り2,700円 当日3,000円
チケット取り扱い:0279-25-7755(株式会社クロスターミュジック)/福島市音楽堂
*高校生以下のチケットをご用意いたしております。
事務局までお問い合わせください。
ご予約・お問合せ: ritsukomarimba@gmail.com (事務局)まで


【松本 律子】

matsumoto

マリンバ奏者。福島県出身。4歳よりピアノを、5歳よりマリンバを始める。昭和音楽大学器楽科マリンバ専攻卒業。中学校音楽の講師、養護学校講師を経て現在に至る。  ソロマリンバパフォーマンスをライフワークとし、各地でのコンサート活動、教育機関での芸術鑑賞教室、地域コミュニティーづくりのためのコンサート、美術系作家とのコラボレーションイベント、ワークショップ形式のコンサートを行う。  音楽ユニット「うたうたげ」を主催し、産まれて間もない赤ちゃん、子供たちとそのお母さんのための参加型コンサートを開催。  自ら作編曲を手がけ、現代マリンバ作品の他、童謡、民謡など様々なジャンルの音楽を自然に親しむライフスタイルから生まれる瑞々しい感性で演奏。マリンバの限りない表現の可能性を追求しながら、感動的な音楽空間創りを推進している。
〈松本律子ウェブサイト〉 https://ritsukomarimba.com/





ページTOPへ

12月01日(土)【叶友理子コンサート MAPLE HALL Live vol.9】

出演:叶 友理子(Vo,Pf) Special guest:木管五重奏 ゾウとウワバミ

https://ameblo.jp/nicoyuri-0308/

OPEN/14:30 START/15:00 全席自由 
前売一般¥3,500/16歳未満¥1,500 当日券¥500増(全て税込)  整理番号順入場制 ドリンク付
※チケット番号が入場整理番号となっております。乳幼児、未就学児入場可。
メールまたは電話 042-751-5011
・チケット代お支払い方法は、直接ご来館頂きお支払頂くか「横浜銀行」へのお振込みとなります。
・ご購入後のチケットのキャンセル・払戻しは受付けておりませんので、ご了承の上ご購入ください。
・お申し込み後10日以内にお支払いが無い場合はご予約は無効となります。
・チケット販売所営業時間:火曜〜日曜10:00〜18:00(月曜定休)
お振込み先(クリック)


ページTOPへ

02月17日(日) 【神保 彰 ワンマンオーケストラ2019 還暦神保全国行脚】



【特別企画ワークショップ:ドラムクリニック】
講師:神保 彰
OPEN/12:30 START/13:00
前売 一般¥2,500(税込)
当日 一般¥3,000(税込)
高校生以下¥1,000 引き
見学のみ \1,500(当日\2,000)
※定員20名に達し次第募集終了します。

【神保 彰 ワンマンオーケストラ2019 還暦神保全国行脚】
出演:神保 彰
OPEN/16:30 START/17:00 全席自由 1ドリンク付き
前売 一般¥4,300(税込)
当日 一般¥4,800(税込)
高校生以下¥1,000引き
※チケット番号が入場整理番号となっております。

2018年8月1日午前11時よりメイプルホールにて予約受付開始
メールまたは電話 042-751-5011
・チケット代お支払い方法は、直接ご来館頂きお支払頂くか「横浜銀行」へのお振込みとなります。
・ご購入後のチケットのキャンセル・払戻しは受付けておりませんので、ご了承の上ご購入ください。
・お申し込み後10日以内にお支払いが無い場合はご予約は無効となります。
・チケット販売所営業時間:火曜〜日曜10:00〜18:00(月曜定休)
お振込み先(クリック)


主催:潟ーヴィン(メイプルホール) 
企画制作:潟nンズオン・エンタテインメント


【神保 彰】

jimbo

1980年、カシオペアでプロデビューして以来、四半世紀の長きにわたって常に音楽シーンの最先端を走り続けるトップ・ドラマー。 ミディードラムトリガーシステムを駆使した、ワンマン・オーケストラとでもいうべき独自の演奏スタイルを編み出す。驚異的な演奏テクニックとモダンテクノロジーの融合による前人未踏のパフォーマンスは見る者を圧倒し、その評価は国内はもとより、広く全世界に轟いている。 1999年、英ドラム誌 “RHYTHM”読者人気投票第2位。2000年、世界で最も権威あるドラム専門誌である、米“MODERN DRUMMER MAGAZINE”が6月号の表紙に神保を起用し、10数ページにわたる特集を組む。日本人、アジア人として初の快挙。 2003年、創刊20周年を迎えたリズム&ドラム・マガジンが初めて行なった読者人気投票において、堂々の一位を獲得。 2007年、ニューズウィーク誌の特集「世界が尊敬する日本人100人」に選出される。 2009年、全米打楽器協会コンベンション PASIC2009に参加。史上最大の観客動員を記録し話題となる。 2010年、プロデビュー30周年。 2011年、国立音楽大学ジャズ専修客員教授に就任。 カシオペアのサポート等の国内でのバンド活動に加えて、ワンマンオーケストラ名義のパフォーマンスやセミナーで世界中をツアーし、多忙な日々を送っている。



ページTOPへ

GREEN & MAPLE SOUND CONNECTION Vol.10

02月23日(土) 【細坪基佳45周年ホールコンサート Round 45】


このライブは相模女子大学グリーンホール(相模原市文化会館)多目的ホール
で開催されます

出演:細坪基佳

OPEN/15:00 START/15:30 全席指定
チケット料金 ¥6,000(税込)

2018年11月16日より一般発売受付開始

メイプルホールでご購入
メールまたは電話 042-751-5011
・チケット代お支払い方法は、直接ご来館頂きお支払頂くか「横浜銀行」へのお振込みとなります。
・ご購入後のチケットのキャンセル・払戻しは受付けておりませんので、ご了承の上ご購入ください。
・お申し込み後10日以内にお支払いが無い場合はご予約は無効となります。
・チケット販売所営業時間:火曜〜日曜10:00〜18:00(月曜定休)
お振込み先(クリック)


主催:潟ーヴィン(メイプルホール) 
共催:公益財団法人相模原市民文化財団 
企画制作:フラットアースカンパニー/キャピタルヴィレッジ

【細坪基佳】

hosotubo

細坪基佳(ほそつぼ もとよし) 
1974年フォークデュオ「ふきのとう」結成、デビュー曲「白い冬」をはじめ、「風来坊」「春雷」など、数々の心に残るヒット曲を発表。 1992年5月「ふきのとう」としての18年間の活動にピリオドを打ちソロとして始動。 ソロ活動を軸としながら、多くのアーティストとの親交を深め、フォークイベントにも積極的に参加している。 2011年5月には念願の日比谷野外音楽堂でのコンサートを開催し、ステージと客席が一体となるステージを届け、この記念のCD、DVDを2012年2月にリリースし、全国50本のソロ20周年記念ライブを行った。 2014年デビュー40周年を迎え「40年目のラブソング」と題し全国ツアーを展開し、 中野サンプラザでのコンサートでは4時間半に及ぶ集大成のコンサートを開催した。 2018年、待望の45周年記念オリジナルアルバム「Old Time is Good Time」をリリース。2019年は「45周年ホールコンサートRound 45」を全国で展開する。


ページTOPへ

会社案内| お住まいの皆様へ | 個人情報のお取り扱いについて